1か月-5kg減、甘いもの好きにぴったりな「フルーツダイエット」の口コミレビュー

 

甘いもの好きにはもってこいな「フルーツダイエット」とは

一か月で-5キロ減量に成功した「フルーツダイエット」。口コミ投稿者は女性。「ダイエット=甘いもの厳禁」なイメージがありますけど、甘いものの代表「フルーツ」をメインにしたダイエットなんて斬新。

以外とフルーツって、ものによってはカロリーが低いのが結構あるんです。また健康や美容に重要なビタミン類が豊富なことが多い。フルーツをうまく取り入れるのは、ダイエットに結構有効な手段かも。

フルーツをメインにした「フルーツダイエット」の口コミを紹介します。

 

1. 実際にチャレンジしたダイエット名は?

フルーツダイエット

2. そのダイエットをしよう!と思った動機は?

仕事を辞めて無職になったので、きつい食事制限ダイエットに挑戦することにしました。仕事しながらだと、食事制限ダイエットはけっこうきついので、良い機会だと思ったからです。ダイエットにしっかり打ち込めてよかったです。

3. そのダイエットの具体的なやり方を教えてください。

食事を果物メインにしました。具体的には、朝バナナ1本、昼りんご1個、おやつ、柿1個、夜りんご1個といった感じです。ただし、あまり制限をかけるとストレスを感じてしまうので、炭水化物はお菓子などは禁止にしましたが、果物の量は自由ですし、多少であればお肉なども食べてよいことにしました。食事制限に偏ったダイエット方法なので、運動ダイエットは取り入れていません。半身浴やカラオケなどで、日常生活で消費するカロリーを若干高めたくらいです。

4. 1か月のあいだ、体にどのような変化がありましたか?

始めて2日ですぐに1キロ落ちました。その後も順調で一週間で2.5キロ減量できました。そこから生理になったこともあり一時期は減量ペースが停滞しましたが、再び順調に減って3週間で体重約5キロを落とすことができました。摂取カロリーは1日500キロカロリー前後になってしまうので、さすがに働きながら行うには向かないダイエットだと思います。体重がどんどん落ちる時はモチベーションが上がるのですが、停滞期はモチベーションの維持が大変でした。3キロくらい減ったあたりから、顔もお腹もスッキリするのを感じることができました。食事の内容がほぼ果物だったため、偏った栄養のせいかダイエット後半には肌が徐々にカサカサしてきました。

5. そのダイエット方法のメリットを教えてください

果物メインの食生活なので、美味しいですし好きな果物いくつかを用意して飽きないように工夫できます。果物なので、調理する必要もないですしカロリー計算もしやすいです。糖分が豊富なので、カロリーが少ない割に食べた後の満足感は大きいです。運動が苦手な人も、食事制限ダイエットなので容易です。普段の食事を果物に置き換えるだけなので、お金もたいしてかかりません。果物なら好きなだけ食べていいというルールなので、食べちゃいけないというストレスがありません。

6. そのダイエット方法のデメリットを教えてください。

必ずしも果物に限定してはいませんが、ダイエットの効率を考えて極力果物だけにしました。そのため必要な栄養素が十分に取れず、長期の継続は健康によくないと思います実際にこの果物ダイエットを3週間行った結果、終盤は肌がカサカサして顔の皮膚が赤味がかってきました。果物ダイエットをやめたところ、肌の状態はすぐに回復しました。摂取カロリーが消費カロリーを大きく下回るので、結果は出やすいですが長期ダイエットには向いていません。

7. そのダイエットをしようとしているひとへひとこと

とにかく短期間で体重を落としたい人向けのダイエット方法です。体重は落ちやすいですが、無理はしないようにしてください。目標の体重になったら通常の食事に戻し、リバウンドしないように食事量を調整し体重を維持していくことが重要です。

フルーツダイエットのまとめ

甘いものが好きなひとにはぴったりなフルーツダイエット。

口コミの内容からみても、完全にフルーツだけみたいな食生活にするとすごく栄養が偏る様子。フルーツにはあまり含まれない栄養分(タンパク質とか)は他の食材やダイエット食品で補う必要がありそう。「●●だけダイエット」みたいなやり方でフルーツオンリーな食生活しないほうがいいでしょう。

あのスーパーモデル「ミランダカー」も、食生活にフルーツを積極的に取り入れているのは有名。肌に良い成分やビタミンはフルーツに多く含まれているので、肌トラブルを避けたいひとは積極的にフルーツは取り入れたほうがいいのかも。

ただし、栄養バランスには気をつけて。